作業員

美観を整えられるクロスの張り替え工事|リフォームして家を綺麗に

  1. ホーム
  2. 所有物を減らした生活

所有物を減らした生活

清掃係

家庭での4S活動

製造業などの現場ではよく4S活動や5S活動などといった、安全性の確保や作業効率向上を目的とした活動を実施する。これは家庭内でも活用できる片付けの手段である。4S活動は整理、整頓、清潔、清掃、5S活動は4S活動にしつけを加えたものであり、この言葉の順に実施することが片づけを行うコツである。整理により必要なものを残して不要なものを廃棄、整頓により必要なものをしっかりと片付け、清潔、清掃により室内の掃除を実施する。このように片付けのコツは最初に不要なものを廃棄するところにある。室内に保管するものの量が多いと、その維持管理にも労力が必要となり、多すぎるとどこに何が保管してあったかすらわからなくなる。また、掃除もしにくくなり、室内環境の確保にも支障をきたすようになる。すなわち、片付けのコツは持つものの量を減らすところにある。

収納スペースの見直し

最近、シンプルライフや断捨離という言葉が認知されつつある。これらにより家の中の不要なものを廃棄したり所有する物の量を減らして、ものを持たない暮らしが提唱されている。家の中の片付けのコツの一丁目一番地になる考え方である。日常的に使用するものは少なく、家の押入れや収納棚の中を占める大部分のものは使用頻度が少なかったり使用することがなくなったものであることが多い。これらを廃棄したり減らしたりすることで、収納スペースに空きができ、収納し切れなかったものを片付けることが可能になる。室内に出たままとなっているものが減れば掃除もしやすくなり、室内環境向上の良い循環ができる。このように持つものを減らすと、自分の生活の全体像が見えやすくなる。本当に必要な収納の量や収納方法もわかりやすくなるので、リフォームの際には収納スペースの見直しにより居住空間そのものを増やすことも可能となるかもしれない。